文字サイズ

画面色

事務ブースについて

札幌市市民活動サポートセンターでは、市民活動団体(NPO)の活動支援の一環として、事務ブースをお貸ししています。

【利用料金】月額10,000円(1区画4m×4mの場合。Wi-fi・光熱水費込み)

【事務ブースおすすめ3つのポイント】

・アクセス抜群の好立地(札幌駅地下歩道直結(12番出口より徒歩約3分))

・低コスト(事務ブースの他、打ち合わせコーナー、印刷作業室、パソコンコーナーなど利用できて月1万円(光熱水費込み))

・市民活動をしている仲間と出会える(多くの方が出入りする施設で交流しやすい)

打ち合わせに使えるスペースや紙媒体の印刷作業ができる機材、PCの使用も可能となっており、スタートアップからステップアップを目指す団体の拠点として大変使いやすい施設になっております。

事務ブース申込資格について

【事務ブース申込資格】

札幌市内で市民活動を行っている又は行おうとし、且つ、サポートセンターに市民活動団体として登録を行っている又は行おうとする団体で市内に専用の事務所を所有せず、下記のいずれかに該当するもの

(1)設立してから1年以内の団体で、今後活動を継続していくために事務所を必要とするもの

(2)設立してから1年を超える団体で今後、活動を拡充していくために事務所を必要とするもの

(3)市民活動の促進につながる事業を実施するため臨時的に設置された組織で、一定期間事務所を必要とするもの

※ 市民活動とは、市民が営利を目的とせず自発的に行う公益的な活動であって、政治活動や 宗教活動を主たる目的としないものをいう
※スタートアップ支援のため、利用は1年度ごとの更新が必要となります。最大3年まで

【事務ブース入居申込必要書類】

札幌市市民活動サポートセンター事務ブース使用申込説明書

【添付書類】 ①団体の規約 ②役員名簿 ③当該年度事業計画書 ④当該年度収支予算書 ⑤前年度1年間の事業報告書  ⑥前年度1年間の収支決算書 

⑦会報・写真・パンフレット・チラシなど活動の内容がわかるもの ⑧事務ブース使用にあたっての団体の議決書

【入居までの流れ】

札幌市市民活動サポートセンターに「事務ブース入居申込必要書類」一式を提出

⇒日程調整の上、使用団体選考の面談を行います。選考の結果、入居となった場合は入居説明会を行います。

⇒希望の入居開始日より入居いただけます。※なお、入居までの期間は最低30日程度必要になります。

【事務ブース入居団体一覧】(令和3年3月1日現在)

事務ブースNo.1      しんぐるまざあずふぉーらむ北海道

事務ブースNo.2      原発問題全道連絡会

事務ブースNo.3      特定非営利活動法人北海道総合地質学 研究センター

事務ブースNo.4      一般社団法人福祉システム北海道

事務ブースNo.5      市民活動発展連絡プロジェクトヒヨコの連絡会

事務ブースNo.6      スキルUP会

事務ブースNo.7      (空室)※入居団体募集

事務ブースNo.8      特定非営利活動法人チェルノブイリへのかけはし

事務ブースNo.11.12    一般社団法人北海道健康医療フロンティア

事務ブースNo.13.14.15   NPO法人札幌微助人倶楽部

事務ブースNo.16.17     特定非営利活動法人北海道映像産業振興連盟

事務ブースNo.18      特定非営利活動法人住宅支援相談センター

事務ブースNo.19      NPO法人北海道レインボー・リソースセンター L-Port