トップ  >  企業の社会活動貢献事例

企業による社会貢献概要

 今、地域・社会貢献が注目されるワケ。


 モノやサービス、ライフスタイル などに対し価値観が多様化する成熟期を迎えた現代社会では、新たな価値観の一つとして「社会性」を志向する市民や企業が増えつつあります。また、そういった社会性の高い活動を積極的に支援しようとする新たな市場も形成されてきています。
 一方、財政事情の悪化やコミュニティ意識の低下などといった社会的課題が顕在化するなかで、地域社会の維持、活性化に企業の有する様々な資源やノウハウの提供が期待されている側面があります。
 「社会性」を評価する社会的意識の形成と、現実的問題としての地域活性化に向けたニーズが相まって、今、企業による地域・社会貢献が注目されているのです。

ここに掲載されている事例は、平成26年度事業で実施した札幌市「企業の地域・社会貢献コンサルティング」事業で活動を行った4社の事例と、平成23年3月発行の「企業による地域・社会貢献事例集」の72社の事例を元にしています。(平成26年度の事業は、社名に★印で表記)
本業を活かす
 本業にかかわる技術や知識を活かして行う社会貢献活動。長年培ってきたノウハウや自社の強みを応用・活用できるため、手がけやすく、無理なく長続きさせられるという特徴があります。
本業を活かす
地域ニーズに応える
 地域の“現場”からの要請に応えたり、自ら地域ニーズをくみ取って行う社会貢献活動。地域社会に潜在する多様な課題解決に向けて、有効な手立てとなり得る取組方法です。
地域ニーズに応える
相互に連携する
 NPOや志を同じくする他企業と連携して行う社会貢献活動。人材や資金、発想など、足りない資源を補完し合あうことができるメリットがあります。
企業による取組
 まだまだある企業による社会貢献活動。ごみ拾いや除雪、駐車場提供など、様々な活動を行なっています。

プリンタ用画面
カテゴリートップ
企業による社会貢献活動事例
次
企業の社会活動貢献事例